【スピリチュアル】頭で分かっていてもできないこと

頭では「こうした方がいいな」「こうしたいな」と分かっていても、いざ実践となると出来ないことがあります。

高級霊のメッセージが聞こえても、自分かわいいという思い、相手優先の思い、があるとできないものです。

先日、守護霊からのメッセージで「今思ったことを相手に言うな、ほっとけ」と言われたことがありました。「自分だって言いたくない、でも言わずにはいれない」という自分の心との葛藤でした。

寝る前になると、頭の中をもんもんとその思いが浮かんできてしまう。静かになればそのことを考えてしまう。精神を統一したくても、考えてしまう。マイナスな気持ちに染まってしまう。ああ、なんて未熟なんだろう、、と思いながら、苦しい時間を過ごしていました。

しかし、スピリチュアリズムの教えにもあるように、ひたすら自分を褒めまくります。
「よくやった!」「えらい!」と、もんもんとする自分、マイナスに考える自分もいるけど、それでもよくやっているよ、「えらい」「えらい」と、過去の過ちを繰り返さないように、呪文のように自分を褒めました。褒める精神統一ですね。笑

そして、その一連で思ったことは、頭で分かっていても、守護霊の声が聞こえても、実際に出来ないのはそこまでのレベルだということです。

高級霊は、心から「もう二度としない」と反省すれば、同じ過ちはくり返さないと言います。何度も同じことをやってしまうのは、本当に「悪い」と思っていないからです。

頭で分かっていてもできないのは、まだまだそのレベル。頭と行動が伴って、やっと次のステップに進めるのだと思います。

日々色んなことが起こり、すぐにレベルダウンしたように感じることもありますが、レベルアップできるよう進んでいきたいですね。

お花の真ん中から花びらが!はじめて見ました♪

関連記事

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP