Ru ap

コンセプト
蓮の花が、泥のみならず光や水を存分に吸収して美しい花を咲かせるよう、みなさんがそれぞれの「光」と「水」を感じられる空間を提供できたらという思いから、「Ru apる あぷ」という名前をつけました。

「ru」、「ap」は、サンスクリット語でそれぞれ「光」と「水」を意味します。

「ru」は、師を表す「guruグル」のルでもありますが、誰かに導いてもらうのではなく、「本来自分の心の中にある光の存在に気づく」と言う意味をもっています。また、「ap」には、「聖なる水」「神」という意味があります。

蓮の花は、泥の中から咲きます。私たちが生きていくなかでも、泥のような一見幸せな人生には、不要とも思える辛いことが、否が応でも身の回りに降りかかってきます。しかし、泥があるからこそ、人生が輝くこともあります。

私はこれまでの自分の経験をつうじて、だからこそ、自らが意識をして、もう一度自分にとっての「光」や「水」に気づき、それらをしっかりと受け取ることが大切だと考えています。

みなさんがそれぞれの中に「光」と「水」を見つけ、それらを全身に感じる空間となれば幸いです。

PAGE TOP