【ご質問】霊が存在すると証明できますか?

心が存在すると証明できますか?

と、いうご質問と同じように、みなさんは心が在ることをどのように証明しますか。

心というのは、あらゆる感情、善悪を感じること、また、考え判断すること、性格・人格を作り上げているもの、体に影響を与えるものなど、さまざまかと思いますが、心とは、言い方を替えれば、「霊」「魂」とも言えます。

人間は、体がある時は「心」と言いますが、心臓が止まり、肉体が動かなくなり、土に返ると、「霊」や「魂」と言います。

心が何かに変化したわけではなく、心とは霊のことであり、人間は元々、霊です。

心が在ることの証明が、霊がいることの証明かと思います。

そのため、亡くなった人の性格は死後もそのまま受け継がれます。霊を否定したり、怖がるというのは、自分の存在を否定し、亡くなった時に自分が怖がられることと同じことです。

そして、スピリチュアリズムの学問自体が、霊魂を否定する大勢の科学者と霊能力者が作り上げたものであり、霊魂の実証などは、たくさんされてきました。

中でも、蛍光灯を発明した科学者ウィリアム・クルックス師は、はじめはスピリチュアルな世界の否定派でしたが、 科学的な実験に参加され、約後1ヶ月ほどで、肯定派に変わり、その内容を論文にし、王立協会に提出したほどでした。

多くの実験で霊の存在は立証されてきましたが、本当に存在するのかは、ご自身の心で答えを導きだすことが大切かと思います。

関連記事

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP