【ご質問】自殺についてどう思いますか?

自殺した方が、どのような道を歩まれるかは人それぞれですが、共通して言えることは、その方が望んだようには、ならないということかと思います。

自殺をしたら、苦しい思いは、永遠ではありませんが、長い間続く可能性があります。

死んでもすぐには苦しみは無くならない。自分が消えてなくなることもない。人生を白紙に戻すこともできないのです。

以前、霊魂についての記事でも書かせていただきましたが、死というのは、肉体がなくなり、心(魂・霊)だけになることです。

体がないため、お腹も空かない、寝る必要もない、トイレに行かなくてもいいと、一瞬でも心を紛らわせるものがなく、生きている時より苦しいのです。地獄という場所は存在しませんが、そのような状態を地獄のようだと表現する方もいます。

なぜ知恵より迷信を好むのか。なぜ知識より無知を好むのか。なぜ霊(心)の生きた真理よりも教義を好むのか。という「シルバー・バーチ」の言葉があります。

自殺をしたら、まずは自分を殺した罪を償わなくてはなりません。償うためには、想像がつかないくらいの苦しみが伴うのです。死んだら天国のような場所に行き、先立たれた人と、みんながはじめから会えるかと言ったら違うのです。

何が真理なのか、多くの方が死について一人ひとりが向き合うことが大切だと思います。

そして、自殺を考えている方に、「自殺をしてはいけない」と、とめることはできません。
その方がどのような思いで苦しまれているかは、他人には絶対に分からないことだからです。苦しみを変わってあげることもできない、24時間苦しみを取り除いてあげることもできない。

できることは、「あなたがいなくなったら、どんなに悲しいか。あなたがいることで、どんなに救われたか。あなたがいることで、どんなに幸せか。」と常日頃、愛ある言葉、感謝の言葉をかけることかと思います。人間は思っているだけでは通じません。思いを伝え、はじめてその方の心に届くのです。

そして、本気で死を考えるのであれば、すべてを放り出し、逃げてしまえばいいのです。道はひとつではありません。周りに迷惑をかけたとしても、いつか償うことはできます。

生きることは苦しみの連続です。でも、自殺する方がもっと苦しいのです。


関連記事

PAGE TOP