【スピリチュアル】人生が順調なとき&苦しみのど真ん中にいるとき

人生が順調なときと、マイナス思考に染っているときというのは、今まで自分が作り上げた世界に閉じこもっているものかと思います。

順調であれば、自分の価値観が間違っているとは思わず、このままでいいと思います。

マイナスであれば、自分の価値観が変えられないため、苦しみから抜けられません。どちらも自分の世界観に囚われている現象です。

この世の中は、霊能の世界を含め、まだまだ分かっていないことだらけと言われています。無限に広がるこの世界には、無限に可能性が存在し、無限の解決法があります。不治の病にしろ、治らない方が多いだけで、治る人もいるはずです。

うまくいっているときも、そうでない時も常に自分を客観的に見つめ、そこに留まらないことが大切かと思います。自然の法則で言えば、停止することは同時に死を意味します。

順調なときは、はじめは自分も初心であり未熟であったことを忘れず、苦しみのど真ん中にいるときは、何でもいいので新しい切り口を取り入れることです。

人間は自分の殻から自然と出ようとしたときは、色んなものを吸収できますが、順調であるときと、苦しみのど真ん中にいるときは、自分自身で心掛けなければ、留まろうとしてしまうため、厳しいミッションです。

どちらの状況も、心づもりが大切だと思いました。

『うしろの百太郎』作:つのだじろう

関連記事

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP