大切な人の旅立ち

先日、私の大切な人が旅立って行きました。

とても純粋で、優しくて、少し不器用な所もあるけど、お互い境遇が似ていて、過ごした時間は少なかったけれど、何でも話し合える友達でした。

ついこの間、一緒に家でお茶を飲みながら、互いのことを話し、軽井沢で会う約束や、コロナが落ち着いたら、タイ旅行にも行こう、と言っていた矢先のことでした。突然のことで、今も心が混乱しているかもしれません。

Kちゃんは心の病いも抱え、私は最後まで何もしてあげることが出来ませんでした。お互い似ていたんだから、もっと強引に、引っ張ってあげれば良かったと思いました。

私は約20年以上、摂食障害を経験し、その間も「死にたい」という思い、自分を攻め、周りにも申し訳ないと思い、もうどうしていいか分からなかった、出口なんて見えなかった。でも、知人に紹介され、スピリチュアリズムの学問を学ぶことができ、心の病いが嘘のように癒えていきました。

Kちゃんは自ら命を絶ったわけではありませんが、「自分で学ばなけば、何も変わらない」、「今までのやり方で駄目だったのだから、新しいことを取り入れていかなければ、同じことの繰り返しなんだ」とちゃんと伝えたかった。

Kちゃんの生きた人生、Kちゃんから学んだことを無駄にしたくない、そう思い今文章を書いています。

同じように、悩みや苦しみ、ストレスを抱えている方、自分の周りや家族でそのような方がいるのであれば、一緒に勉強をしましょう。

もし、1年間学び、現状から何も変化がないのであれば、スピリチュアリズムの講座の費用は全額お返しいたします。

自分を救い、自分の人生をかけてやりたいと思えた教えを、多くの方に学んでもらいたい。

みなさんが独り立ちするまで、365日、24時間、全力でサポートいたします。

Kちゃん、これからは別々の世界でお互い頑張ろう!また、新しい時を過ごせることを楽しみにしてるよ!!

関連記事

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP