【自動書記】心のうねり 3

人の道
心のうねり 3-3

現世で文明開化を謳歌おうかして、高度と考えている生活を満たそうとしていても、明日にも宇宙の別の次元の世界に旅立つであろう自分が、心の安らぎを求めることが出来る明るい門出かどでになるかいなかは、俗世に生存中自からの心の備え方にかかわってくるが、次元の異なる世界については、無知むち盲目もうもく人々が多いと言えよう。

しかしながらその能力を身に備えている人達も、自分勝手な考えをなついて自我を翻弄ほんろうし、正しいことを見誤って欲望をあらわに、本来の心の尊さを忘れている人が多いのも、今日のように欲が深い世の中の風潮ふうちょうを物語っている。

永い年月の間文明の発達に伴って、自分から勝手な考えを用いて自我を生み、見栄を張り、他人を卑下ひげして、自分を優位に立たせようとして人の心をあざむき、疑った言動を用い、おごり高ぶり、心の垢となる欲望とよこしまな心を、自分の心の中に自ら誘い、そのために健康を害し、自ら災禍さいかを招いたり、時には親族を含む他人にまで、危害を加える行動に走る人が多い。

中には時として、死後宇宙空間において、自分の俗世での人としての誤ちのせきつぐないを、自らするように仕組まれていることもあって、その心の垢をぬぐい去るために、その苦しさから逃れようとして、自分と関割かかわりのない人を含む人々に、その人々の心の間隙かんげきを突いて憑依ひょういし、錯乱さくらん状態に落とし入れる悪霊が存在することを、心に留めて置く必要がある。


次回は、4月13日(水)「人の道 心のうねり3-4」についてお話します。

関連記事

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP