動画|10月のヨーガと呼吸法

10月は、先月から引き続き「開脚前屈のポーズ」を行っていきます。9月は膝を曲げて練習をしていきましたが、今月は膝を伸ばして練習していきます。

また、みなさんがより効果的にヨーガのポーズが実践できるよう、ポーズ中の「呼吸法のポイント」と「身体が柔らかくなる呼吸法」、「身体を硬くしてしまう呼吸法」をお伝えさせていただきます。

呼吸法のポイントを抑えて、動画を見ながらポーズを実践してみてください。また、呼吸法は日常で緊張することやストレスがあるとき、体調が優れない時にも効果的です。日々の生活でも活用してみてください。

開脚前屈ポーズのポイント
1、股関節から身体を曲げる
2、太腿を内側に向ける
3、足のゆび、膝、腿の付け根をゆるめる

呼吸法のポイント
1、吐く息は、足裏から呼吸が出ていくように、はじめから少しずつ吐く
2、吸う息は、足裏から頭の上に抜けるように、細く吸う
3、吐く息と吸う息の間は、1秒呼吸を止める
*呼吸の長さには囚われず、心地よい感覚を大事にしましょう。

身体が柔らかくなる呼吸法
・呼吸が静か(自分の呼吸の音が一切聞こえないくらい)
・呼吸が細く長い
・呼吸を一回一回、意識して行う

身体を硬くしてしまう呼吸法
・呼吸の音を立てる
・呼吸が力強い、荒い、浅い
・呼吸を無意識に行う(頭で身体が思うようにならないことや、日常のことを考えながら何となく呼吸をしていること)

呼吸は無意識に行えるものなので、つい他のことを考えたり集中が途切れてしまいます。一回の呼吸でさえ、最初から最後まで呼吸のことだけに集中することは難しいです。しかし、呼吸に意識を向け集中していくことで、初心者の方でも誰でも呼吸を深めていくことはできます。

できないと感じるのは、「呼吸がうまくできない」、「身体が硬い」、「ポーズが早くできるようになりたい」、「呼吸を深めたい」と焦る気持ちが先になり、一回一回の呼吸へと集中ができていないからです。

ポーズの位置が決まったら、後は呼吸にだけ集中していきましょう。呼吸に意識を向けてポーズを実践するだけで、ヨーガの効果は大きく変わっていきます。

関連記事

PAGE TOP