【ご質問】呼吸を深めるためには、どうしたらよいですか?

呼吸が深められない原因は、主に2つあるかと思います。

1、集中が続かない
2、体と心のストレス

2つに共通して言えることは、呼吸法の実践中に、「呼吸が深くできない」「もっとこうしたい」という思いを、一度捨てることです。

そのような思いは、緊張を生み、呼吸を深めることが難しくなります。

ヨーガの上級者やどんな人格者でも、心や体は毎日変化し、食べたものや天候によっても、左右されます。一つのやり方に囚われずに、その日の状態に合わせて、色んな方法で実践してみると良いかと思います。

下記のものは、一例ですので、みなさんの参考になるものがあれば、取り入れていただければと思います。

*呼吸法の実践前に、
「全身(足先から頭の先)で呼吸を行う」
「自分と外の境界線を作らない」ことをイメージしておくと良いです。

1、集中が続かない場合の呼吸法
◯呼吸を観察する
(浅い・深いなどの呼吸の状態を観察するだけで、普段の呼吸より深くなります)
◯吐き始めてから、吐き終わるまで意識を向ける
 吸い始めてから、吸い終わるまで意識を向ける
◯吐いて、吐いて、吐いて、、吸って吸って吸って、、と自分の心の中で唱える
◯呼吸の音を聞く
◯呼吸の数を数える
(例、5吐く 1止める 5吸う)
◯マントラの音と呼吸を合わせる
(例、吸う:SOソー、吐く:HAMハン(ム)
◯腹式呼吸で下腹部に意識を向ける
(吐く:凹ます、吸う:膨らませる)

2、心と体にストレスがある場合の呼吸法
◯呼吸をコントロールしない、深めない
(心や体にストレスがある中、さらに呼吸をコントロールしようすると、ストレスがよりかかり、呼吸が苦しくなることがあります。そういう時は、浅い呼吸でいいんです。浅い呼吸を受け入れてあげると、心の緊張が少しずつとれ、いつの間にか深く呼吸ができるようになります)
◯楽しいことを考える
◯自分がリラックスできる場所を思う浮かべる
◯自然の中でリラックスしている自分を思い浮かべる

呼吸を無理にコントロールしなくても、心がリラックスすれば、自然と呼吸はゆっくりと深くなっていきます。

旅行に行っているときや、好きな人と過ごしているとき、心許せる知人と会っているときなどは、呼吸をコントロールしなくても、自然体でゆっくりした呼吸ができているばすです。

関連記事

PAGE TOP