【スピリチュアル】天国と地獄

人は亡くなると、自分の心の段階に合わせた修行がはじまると言われています。みなさん、それぞれ行く場所が異なります。

亡くなったら仏さまのようになるのではなく、生きてた時の心のまま亡くなります。頑固な人は頑固なまま。清らかな人は清らかなままです。

そのため、亡くなると更生施設のような場所で、それぞれのお勉強がはじまります。

正確には、天国や地獄という場所はありませんが、自分の心でそのような場所をつくってしまうのです。

今が苦しくても、それをプラスに捉えることが大切です。

人との出会いやさまざまな出来事というのは、すべてその人自身が、そこから何かを学ぶために存在しています。そして、その学びが終わると、別れがあったり、新たな出会いがあったり、新しいステージへと移っていきます。

今目の前で起こっているすべてのことは、自分の心の成長のために起こっている大切なお勉強です。

自動書記「心生への旅路」について→

関連記事

PAGE TOP