【スピリチュアル】心と容姿

容姿とは、心の在り方によって変化するものです。

先日の自動書記に、「幾ら上辺だけを容姿容貌で飾っていようとも、心に秘めていることを察知出来るもので、心とは己を偽ることを隠し通せるものではなく、、」とありますが、心とはあらゆる物に反映されていきます。

音楽を奏でるとき、歌を唄うとき、作品をつくるとき、写真やメッセージ、お料理と、心が体を動かしているため、人間が行うことには、すべて心が映し出されます。

愛ある人の作品からは、愛を感じます。お料理も愛情を込めて作られたものは、おいしいです。

ただ、それが相手に届くかは、相手にもよります。

受け取る側に、そのような心が無ければ感じ取ることが難しいかもしれません。

もの一つ見るのにも、自分の心が映し出され、容姿を含め、すべては心がつくっているものです。

関連記事

PAGE TOP