【ご質問】スピリチュアルな宗教団体をどう思いますか?

本来のスピリチュアリズムの考えとは、亡くなったご先祖さまがいる世界、死後の世界というのは、お金を必要としない世界と言われています。

戒名かいみょうによって極楽浄土ごくらくじょうどにいける、などの教えもありますが、そのような行為は、むしろあの世へいってからマイナスに働いてしまうものです。

生きているときに、できるだけ執着を無くすよう努力をしても、最後にお金をかけて名前を変え、極楽浄土へいけるよう願うことは、矛盾していますし、違うかと思います。

また、因縁等をお金で解決できると考えるのも、罪深い人が考えることです。
亡くなった方々は、物質の世界から離れて、非物質の世界に生きています。お金や名前は必要ないのです。

お金や名前は、私たちが生きている世界でしか価値がないものです。

人間同士の感謝料として、お金は発生するものですが、高額な金銭やものを買わせる、因縁等で脅し、多くのお金を要求することは、あってはならないことだと思っています。

そして、スピリチュアル的な活動をしている方が、このような行為に走れば、普通の方より罪が重いと霊界は言っています。

人間の苦しみは、お金ではなく、自らが自分の心と向き合い、悟らなければ、変わっていくことは難しいと思います。

そして、因縁は確かに存在しますが、お金で解決することはできません。

この世に楽して徳を得れることなんて、一つもないのです。

そのようなことを知ることで、騙したり騙されたり、ということは起こらないものかと思います。


【ご質問】スピリチュアルは宗教?

関連記事

PAGE TOP