【スピリチュアル】洗脳について

洗脳というのは、「先」という字が含まれているように、自分の思いより先に、他人の思考が入り込んでしまうことかと思います。

他人の考えが先にあるために、我を見失い、結果的に騙されたり、心を病むということが起こってしまいます。

自分の考えがあれば、相手の言動に振り回されたり、騙されることはなくなっていくかと思います。

スピリチュアリズムの学問自体、スピリチュアル的な考え、周りの考えを一旦すべて否定し、自分の答え、心を見つけていく作業です。

私たちは、普段からスピリチュアルなことに限らず、ちょっとした洗脳は日々受けているものかと思います。

影響力がある方が、ある食事法・美容法がよいと言えば、信じて実行し。病気になったら、お医者さんを信じて、薬を飲んだり。親の洗脳、世間の洗脳、メディアの洗脳、宗教の洗脳とさまざまあります。

うまくいっていれば、洗脳とは思わず、マイナスに働けば、洗脳や騙されたと思い、また自己否定に走ったりもします。

私自身もそれが出来なかったために、苦労し、騙されたこともありました。

洗脳を受けないためにも、「まず、自分はどう思うか」、「誰になんて言われようと、自分はこれが正しい」という心の声を大事にすることです。

そして、自分の考えと違うものは、外に出し、納得できるものだけを自分の中に取り入れていきます。

今私がお伝えしていることも、そのままを受け取るのではなく、「自分はどう思うのか」という視点が大切です。

何を選択するかは、他人ではなく、すべて自分でしていきます。

自分があれば、洗脳されることが無くなっていくものかと思います。

関連記事

PAGE TOP