【ご質問】スピリチュアリズムの講座について 2

潜在意識せんざいいしきで生きる意味は何か?


潜在意識で生きる意味は、周りによって心を左右されることなく、自分の心を頼りにするためです。

潜在意識というのは、自分の核となる心のようなもので、迷いがあるとき、どうしたらよいか分からないとき、などの答えを持っている自分の心の声です。

世の中には多くの情報が溢れていますが、この自分自身の核となる考えが分かれば、周りに流されることがなくなります。

人との付き合いも、自分がどうしたいのか、と言う気持ちが分かれば、迷いは減っていきます。

そして、潜在意識が認識できるようになると、自分に嘘をつくことが、だんだんとできなくなります。

心の底から「こうしたい!」と言う声が聞こえてしまうからです。

  • 以前まで思ってたことと、今思っていることが違う、、
  • 約束したけど、嫌になってしまった。ドタキャンしてしまった、

と、コロコロ変わってしまうのは、潜在意識せんざいいしきではなく顕在意識けんざいいしきだからです。潜在意識というのは、簡単にコロコロと変わるものではありません。

そして、自分は自分らしくあり、周りは尊重する、という謙虚な姿勢が潜在意識の声でもあります。好き勝手に生きることとは違います。

人間である以上は、すべてを潜在意識で過ごすことはできませんが、近づこうと努力していくことはできます。

それは、日々自分との向き合い方によって、変えていくことができるものです。

潜在意識を知るというのは、自分本来のあり方に戻り、周りを尊重し、自分も周りも笑顔になることです。それが、スピリチュアリズムの講座での最終目的であり、そのためにさまざまな角度から学んでいきます。

関連記事

PAGE TOP