免疫力について

最近は、体調を崩さないよう、免疫力を上げましょう!という働きが増えていますが、実は免疫力が高い人も低い人も病気になってしまうのです。

高い方は、鼻炎、花粉症、アトピー、リウマチなど、自分の体を攻撃してしまうような反応が出てしまいます。
低い方は、ウイルスや細菌、風邪、感染症にかかりやすくなり、またその状態がずっと続くと癌などになってしまうのです。正確には「免疫力を正常に保つ」ということの方が正しくなります。

では、その免疫細胞を正常に働かせるためには、どうしたら良いのかというと、よく笑い、身体を温め、新鮮なものを食べたり、夜はしっかりと眠ることです。この免疫細胞は体力や筋力があるないなどは関係ないと言われています。また、毒素は運動では分解できないとも言われています。
そして、過度な運動は病気にかかりやすい状態になってしまいますので、無理せずマイペースにヨーガや運動を続けることが大事です。

ヨーガでは呼吸や身体を調えることで、冷えの改善や睡眠の質を高め、からだをゆっくりと休ませてくれます。また同時に心をプラスの方へと働かせてくれます。みなさんの免疫力が正常に保てるよう、ご自身にあったヨーガの実践法をクラスで見つけていただけたらと思います。

____
写真は、The Hasune Farmさんの大根とにんじんをオーブンで焼いたものです。土から引っこ抜くのは、幼稚園の芋掘りぶりで感動しました。新鮮で甘くておいしいです。

関連記事

PAGE TOP