脳脊髄液減少症とヨーガ

私はここ数日、脳脊髄液減少症の症状が続いています。

坐骨神経痛のような痛みが続き、椅子に座ったり、布団に横になったり、立っていてもすぐに痛みが出てくるので、しょっちゅう体勢を変えないとつらいです。それに加え全身の力が入らず、からだが重いことが多いです。

体調が優れないときは、呼吸法やヨーガのポーズ(アーサナ)を行うとからだは楽になります。

呼吸法は自分の呼吸のこと以外は何も考えず、ただ集中して呼吸に意識を向けて、ゆっくりと行うだけです。それだけで普段の呼吸とは違い、深く呼吸ができるので徐々にからだが楽になります。

ヨーガのポーズもできるものを行うだけでからだが軽くなります。

こちらのウェブサイトでは、簡単に取り組めるアーサナの動画を載せていますので、脳脊髄液減少症でつらい方、是非できそうなものからチャレンジしてみて下さい。

からだがしんどくても、少しでも動いてみることが大切です。

関連記事

PAGE TOP