Concept

私にとってのヨーガ

ヨーガは、5000年の歴史で培われた、人生を穏やかに過ごすための生きる哲学とその実践法です。
サンスクリットのyuj(ユジュ「牛にくびきを付ける」の意)を語源とするヨーガは、「統合、結合、結びつける」という意味をもつ言葉です。
日本では特に美容など体への効果が注目されがちですが、ヨーガの本来の目的は、自分の体と心と魂を結びつけ、自分と周りとの調和をもって生きていくことです。

私はこれまでヨーガをつうじて、たくさんの喜びや反省、感謝の心や生きる意味を知り、また素晴らしいご縁や経験をいただきました。
私にとってヨーガは、人生を穏やかに楽しく過ごしていくために欠かせないものです。

ヨーガを教える中で大切にしていること

私が教室でヨーガを教えるさいには、呼吸とアーサナ(ヨーガのポーズ)の基礎とそれらの実践方法をしっかりお伝えするように心がけています。

このように教室で呼吸とアーサナに焦点をあて、みなさん一人一人がアーサナを実践できるようにサポートするのは、「体と心は繋がっており一つである」という考えからであり、アー サナと呼吸の実践によって浮き沈みする心を適切な場所に戻すことができると考えるからです。

この考えは、禅の思想に通じるものがあります。
坐禅では「調身(体を調えること)・調息(呼吸を調えること)・ 調心(心を調えること)」という考えがあり、それぞれが互いに影響し合いながら行われると言われています。
このように、アーサナと呼吸の実践によって心を調えることにつながるとの考えから、私は教室で特にアーサナと呼吸の実践方法をみなさんにお伝えしています。

私たちは、さまざまなことで日々心が変動します。しかし、自分の心が乱れていると感じ、心を落ち着かせようと心にばかり働きかけても、うまくいかないこともあるかと思います。

また、体も日々変化し、体の不調は、心にも影響を与えることがあります。
アーサナと呼吸の実践を続けると、体へさまざまな面でよい効果が出てきます。

みなさんがヨーガの実践を重ねることで、お一人おひとりがもつ体の痛みや苦しみが緩和され、心が穏やかになることを感じてもらえたら嬉しいです。

私も、体調を崩したさいにあった身体中の痛みが、ヨーガの実践により緩和されたときには、とても幸せな気持ちになり、ヨーガによって心までも満たされたことを今でも忘れません。

みなさんが私の教室で学んだアーサナや呼吸法を日常生活で実践することで、ご自身の体と心とより上手に付き合っていただけるようになれば、ヨーガ講師としてこの上ない喜びです。

PAGE TOP